不登校、高校中退、発達障がい等の事情により、支援を必要とされている方へ

家庭訪問サポート「つがる・つながる」
HOME
運営方針
活動紹介
ブログ
お問い合わせ

運営方針

 子ども・若者サポート「つがる・つながる」はこのように考えます。

 中学校で不登校を経験し、高校進学に不安を抱えている方へ

高校への進学率が98%という現状において、「高校ぐらいはやはり出ておかないと・・・」と考えるのは当然のことかもしれません。中学時代に不登校を体験した生徒も、多くの場合は高校への進学を目指しています。

しかし、せっかく高校に進学しても、また通えなくなったらどうしようという不安な気持ちもあるのではないでしょうか。そこで一つ、覚えておいてほしいことがあります。高校には「全日制」「定時制」「通信制」という3つのタイプがあるのです。

みなさんが高校と聞いてイメージするのはおそらく、中学校と同じようなタイプの「全日制」の高校なのではないかと思いますが、仮に全日制高校へ進学してみて、その結果がうまくいかなかったとしても、別なタイプの高校へ移ることだって出来るのですから、思い切ってチャレンジしてみるというのは一つの手です。

また、中にはどうしても、毎日通い続けられるかどうか自信がないという方もいると思います。そんな方には「通信制」の高校がオススメです。理由は様々なのですが、実は最近、通信制高校を選ぶ生徒が増加する傾向にあり、不登校を経験したことがある生徒たちからも安心して学べる環境として人気が高まっています。

通信制高校の特徴は何といっても登校日数が少ないこと。学校によって違いはありますが、週に1〜2回、あるいは、月に1〜2回といった程度の「スクーリング」に参加しながら卒業を目指すことになるので、毎日通う自信がないという方であっても、高校を卒業できる可能性はグンと広がります。

ただし、大変な面もあります。基本的には自分で計画を立てて学習を進めていかなければなりません。教科書を読みながらレポートを作成するという課題を決められた期日までにこなしていく必要があるのですが、自分で時間をつくって勉強するというのは、思った以上になかなか難しいものです。

始めてみたはいいけれど、途中で投げ出してしまいたくなるかもしれませんし、初めから「そんなの無理!」と諦めてしまっている人もいるかもしれませんね。

でも、支えてくれる人がいれば結構何とかなるもの。何曜日のこの時間は「レポート作成の日」という感じでリズムが出来てくるようになりさえすれば大丈夫です。

  ・ 通信制高校で卒業を目指したいという気持ちはあるけれど、一人で取り組んでいくには不安がある
  ・ 通信制高校に入学してみたけれど、自分の力だけではちょっと難しかった

という方を私たちは応援していきたいと願っています。中学校までの勉強に不安があるという場合にも相談に応じますので、まずはご連絡ください。

戻 る

Copyright © 2011 つがる・つながる All rights reserved.